庭の芝生を畑にするゾ<家庭菜園②>

庭の芝生を畑に

庭の芝生を畑にすると決めてはみたものの、、、4年目の芝はしっかり土に根を張っていました。

 

garden_34

 

 

芝は簡単には剥がせない(泣)

最初から出鼻をくじかれた気分でした。

 

そのための鍬なんだけど、もっとぴろーって剥がれるのかと思ってたんです。

ひたすら鍬で芝に刃を立て、引きはがす。その繰り返し。

端の方は時々上手く剥がることもあったけど、それでも相当の力がいります。

たたみ1畳分ほどの芝でも、剥がすのに1時間以上はかかりました。

 

きれいにめくれなかった芝は、土の中に紛れ込んでしまっていますから、土の中からひたすら芝を取り出す作業も続きます。

これは息子も喜んでやってくれていました。

途中まではね。

 

気付けば、せっかく取り除いた芝や小石を、息子が土の中に投げ返してきましたよ(泣)

親子で真逆の作業ですからね、エンドレスです。

1畳ほどの目の前の土が、果てしなく広く感じました。

二歳児とやるには難し過ぎたか。。。終わりはくるのか。少しの後悔も過ります。

 

そして2時間後・・・

 

garden_35

 

無事に芝の下から土がお目見えしました!!!

 

この土を見ていたらね、何とも言えぬ満足感と疲労感に満たされました。

開墾と言ったら大げさですが、それくらいの意義を自分の中に見いだしていました。

 

そしてこの運動効果といったらすごいです。

育児で相当筋力を使っていると自負していたれど、農作業の運動を侮ってはいけなかった。

まさに全身運動。

かく汗も、子どもと全力で遊んだそれ以上の量。

 

育児3年目。

腕もかなりの太さに、腕相撲も夫に勝てるほどになったのに、、、

農作業初日から筋肉痛になりました。

使う筋肉が違うのね。

 

抱っこでついた筋肉が上腕(力こぶができる)部分だとしたら、鍬を持って耕した後の筋肉痛は二の腕の部分。

足も、いつも張るふくらはぎじゃなくて、太ももの裏側部分。

 

こりゃフィットネスやジョギングだって不要でしょう(やってないけど。笑)

すごい疲労感。でも爽快な疲労感。

 

作業時間は、暑くなる前の午前中の1、2時間程度。

それ以外でも、日中子どもがテレビを見たいと言い出したら

「畑とテレビどっちがいい?」と聞いては、畑(まだ土だけど)に誘導しています。

大抵「畑」と答えてくれるのが嬉しいところ。

 

garden_7

 

そして素足で、ふかふかの土の上で手伝う(遊ぶ)。

ミミズやダンゴムシを探す。

変な幼虫も出てくる。親子で首を傾げながら時々昆虫図鑑で探してみる。

 

こういう経験をさせたかったのです。

 

自己満足だけどね。

自分の趣味に巻き添えにしたようなものだけどね。

でもいいのです。

 

裸足で土の上で遊ぶこと。

これが日々楽しめるなら、収穫失敗したって母さんは文句なしなのだ!

 

 

    

NEXT >> 庭の芝生を畑にするゾ<家庭菜園③> 

 

 

関連記事

  1. 夏のめぐみ

    夏の恵み

  2. 庭の芝生を畑にするぞ

    庭の芝生を畑にするぞ<家庭菜園⑤水捌け対策>

  3. 貸し農園

    貸し農園② 新月に畑の契約

  4. 八ヶ岳でお田植え

    親子でお田植え体験

  5. 庭の芝生を畑にするゾ<家庭菜園①>

  6. レイズドベッド

    庭の芝生を畑にするゾ<家庭菜園④>