屋外施設

宮ヶ瀬ダムの放水を親子で見学@あいかわ公園

宮ヶ瀬ダム

宮ヶ瀬ダムを見に、神奈川県立あいかわ公園に行ってきました。
ノープランで立ち寄ったのですが、日帰りでも十分楽しめる公園です。

 おすすめポイント

① 入園無料

駐車料:平日無料/土日祝・GW・夏休み中:500円

② ダムの放水が見られる【親子で社会科見学】

③ 大きなじゃぶじゃぶ池で水遊びができる

④ 巨大遊具(アスレチック)あり

⑤ はるひ野から車で約1時間

 

 持って行くといい物

① 水着・着替え・タオル

② テントorレジャーシート

③ お弁当・水筒

④ 帽子・日傘・日焼け止め

※食事のできる場所がほとんどないので、お弁当や軽食を調達してから行くといいでしょう。

近場で調達なら「おぎのパン」が大人気です。

 宮ヶ瀬湖について

そもそも宮ヶ瀬湖とは、宮ヶ瀬ダム建設によってできたダム湖で、この周辺は大きく3つのエリアに分かれています。

 ダムサイトエリア
宮ヶ瀬ダムの放水が見える・あいかわ公園で遊べる。
 宮ヶ瀬湖畔エリア
カヌーやバーベキューができる。詳細はこちら>
 鳥居原エリア
宮ヶ瀬湖周辺で最も美しい景色が楽しめる。詳細はこちら>

 

今回は、ダムの放水を見たかったのと、子ども達を遊ばせることが目的だったので、
ダムサイトエリアにある県立あいかわ公園に行ってきました。

 県立あいかわ公園のアスレチックで遊ぶ

南駐車場がいっぱいだったので、北駐車場に停めました。
駐車場から出るとすぐに遊歩道があり、山の中を探検するように下って行きます。
そして突如現れたのが、この巨大アスレチックです。

あいかわ公園アスレチック

巨大ツリー

あいかわ公園 迷路

壁の迷路

あいかわ公園 遊具

スライダー

ここは「冒険の森」
年齢制限は6歳から12歳ですが、滑り台は3歳からでも滑れます。
なかなかハードな遊具が続きます。
このアスレチックが終わると、ようやく公園の入り口広場に到着です。

中央には噴水があり、水着姿の子ども達がびしょぬれで遊んでいました。

 宮ヶ瀬ダムで観光放水を見る

公園入り口のパークセンター前からは、宮ヶ瀬ダム行きのロードトレイン「愛ちゃん号」(大人200円・子ども100円)が出ています。
休日のこの日は、すでに満員とあって乗車は諦め、ダム下まで歩いて行きました。

宮ヶ瀬ダム下までは、舗装された道で歩き易く(ベビーカーでも大丈夫)子どもの足で15分くらいです。
ラッキーなことに、到着早々いきなり「観光放水」が始まりました!!

宮ヶ瀬ダム観光放水

見上げたコンクリートの城壁から、水が勢いよく放流される様は圧巻でした。

宮ヶ瀬ダム 観光放水

そして、水しぶきが舞い上がり、冷たい水を浴びていると暑さも忘れるほどでした。
水の勢いと共にテンションも上がり、親子で満喫していた矢先、何故か、息子が川沿いを走り出してしまいました。

放水によって速さを増した川の水を追いかけるかのように、ひたすら来た道を逆走していきます。興奮した園児の足は早くて、赤ちゃん連れでは追いつけません。

そのまま放流時間は、親子で川沿いダッシュとなってしまいました。

宮ヶ瀬ダム 観光放水

息子曰く、
「水の流れが早くて、それがどこに行くか知りたかった」のだと。
「来る時に見た小さなダム(石小屋ダム)がどうなってるか見たかった」そうです。

なかなかいい疑問ですが、私はダムの上に登るのも楽しみにしていたものだから、少し残念ではありますが、仕方ないです。
戻るのも暑いですし、ダムの上は、次回にと諦めました。

ちなみに、宮ヶ瀬ダムの下には「あいかわ発電所」があり、宮ヶ瀬ダムからの放流水を使って水力発電を行っているそうです。
それによって、2万1千戸の家庭の電気を作っているそうです。

子どもが興奮して走り出してしまう程の水の勢いですからね。
上手く利用されているんですね。

ただ遊ぶだけでなく、親子で社会科見学もできる公園です。

 

 おススメの景色

ここに行かれる方はぜひ、ダム下からダム上を結ぶケーブルカー「インクライン」に乗って、先ほどの景色を上から見てみてくださいね。

急斜面を登る時も、ダム上から見下ろす景色も、高所恐怖症の人では足がすくむほどの絶景らしいですよ。

 宮ヶ瀬ダム 観光放水時間

4月ー11月
毎週水曜日
毎月第2日曜日、第2・4金曜日
11:00~11:06(6分間)14:00ー14:06(6分間)

 あいかわ公園で水遊び

愛ちゃん号に、行きも帰りも乗れなかった私達は、再び歩いてパークセンターに戻りました。
そして今度は、じゃぶじゃぶ池で水遊びです。

あいかわ公園じゃぶじゃぶ池

じゃぶじゃぶ池の横は、ふわふわドーム(巨大トランポリン)があり、芝生広場もありで、子ども達が遊ぶのに事欠きません。

芝生広場はかなり広いので、テントを張ってもあまり邪魔にならず、そこを拠点に遊んでる家族連れが多くいました。
日陰が少ないので、真夏なら、日傘やテントが必要です。

あいかわ公園
(同級生赤ちゃん3人組で)

 

 ママ目線

屋外施設ですが、トイレはどこも奇麗でした。
園内も舗装されているので、ベビーカーでも大丈夫でした。

パークセンター内には、個室の授乳室が3つキッズスペースもあり、エアコンが効いているので赤ちゃん連れでも安心して利用できます。

 あいかわ公園 周辺施設

服部牧場>>
あいかわ公園すぐ横にある牧場で、ヤギや羊、馬がのんびり過ごしています。
餌やりや乳搾り体験ができますよ。ソフトクリームやジェラートが大人気です。

オギノパン>>
丹沢あんぱん・あげパンが大人気のオギノパン。マスコミにも数多く取り上げられている話題のお店です。

 

 かながわ県立あいかわ公園 詳細

【開園時間】
4月~9月 8時30分~18時
10月~翌3月 8時30分~17時

【住所】神奈川県愛甲郡愛川町半原5423

【駐車場】平日無料/土日祝日・GW・夏休み期間中は有料:普通車500円

【電話番号】046-281-3646

【公式HP】http://www.aikawa-park.jp

【アクセス】
●車
圏央道相模原I.Cから約30分
中央道相模湖I.Cから約50分

●電車
小田急本厚木駅からバスで60分 徒歩20分
JR・京王橋本駅からバスで35分→バス15分 徒歩15分

神奈川県愛甲郡愛川町半原5423

関連記事

  1. 遊園地よみうりランド
  2. 府中多摩川で無料BBQ 府中郷土の森公園で無料バーベキューを楽しもう@多摩川河川敷
  3. 多摩動物園 多摩動物公園
  4. バーベキュー特集 はるひ野・若葉台近辺でバーベキューのできる公園
  5. 横浜こどもの国 こどもの国<横浜市青葉区>
  6. じゃぶじゃぶ池・水遊びのできる公園 じゃぶじゃぶ池・水遊びのできる公園 特集
  7. 稲城北緑地でバーベキュー 稲城北緑地公園で子連れバーベキュー
  8. 移動動物園 2016/10/1 王禅寺ふるさと公園に移動動物園がやってくる(…

新着記事

  1. 緑と道の美術展2017
  2. 坂本農園 田圃 稲コキ
  3. 汁守神社 お祭り
  4. 麻生区黒川 田んぼ
  5. いのうえのうえん お月見団子作り 親子イベント

おすすめ記事

  1. いざという時役に立つ!夜間・土日祝日の小児救急病院一覧【麻生区・稲城市・多摩市】 年末年始 小児救急対応病院
  2. 幼稚園が多過ぎて選べないママのために【本気の幼稚園選び2017】 本気の幼稚園選び

アーカイブ

PAGE TOP