母ごころ

いらない子ども服をリサイクルして断捨離&社会貢献

子ども服のリサイクル

毎年、衣替えの季節になると、サイズアウトした子ども服が引き出しに納まりきらず、行き場を失くしています。

状態がいい物は友人にあげたりできるけれど、あげるにはイマイチな服、捨てるには勿体ない、けど売る事もできなような服の処分方法が一番困るものです。

そこで、今日は「いらなくなった子ども服」を気分良く断捨離する方法をご紹介したいと思います。

断捨離といっても捨てません。

手放して、必要な人に譲るのです。

部屋が片付いてスッキリします。

服を手放すことに、罪悪感どころか、清々しさを感じることができます。

なぜなら、いらなくなった子ども服で社会貢献をするからです。

早速、4つの企業のリサイクルサービスをご紹介しましょう。

 

 赤すぐnet

「赤すぐnet」は、マタニティ、ベビー・子ども用品の通販サイトですが、こちらのサイトでは、

古着deワクチンといって、古着をワクチンに変えて、発展途上国の子ども達にポリオワクチンを届ける活動を行っています。

サイズアウトしたベビー服や不要になったマタニティや妊娠前の服達を段ボールに詰めて送るだけで、1口につき、5人の子ども達の命をポリオから守ることができるのです。

服の他に、靴、バッグ、アクセサリー等、どのメーカーの物でも送ることができますが、

1回1,080円~と費用が発生します。

赤すぐで使える1,000円分のクーポン券がもらえますが、実際クーポンの金額以上の費用が発生するので、金銭的な寄付の意味もあると理解していた方がいいでしょう。

お申込時(専用の着払い伝票が届く際)に送料がかかるので、「赤すぐ」で買い物ついでにこのサービスの申込をするのがお得でしょう。

 

 ユニクロ

UNIQLOでは、CSR(企業の社会的責任)の一環としてユニクロ、ジーユーで販売した全商品のリサイクルを行っています。

ユニクロ、ジーユーで販売した商品であれば全て無料で引き取り、世界中の難民、避難民、災害被災者、妊産婦や母子など支援を必要としている人々に届けてくれます。

こちらは店頭に持って行くので、費用は一切かかりません。

他のブランドの服(ノーブランドの服も含む)の引き取りはできないのでご注意下さい。

 

 H&M

H&Mでも服のリサイクルを行っていますが、ここはなんと、

どのメーカーの、どんな服でも無料で引き取ってくれます。

もちろんノーブランドでもOKです。

全国の全ての店舗で実施されていて、店頭に持ち込むだけなので、費用はかかりません。

しかも、1袋につき、H&Mで使える500円クーポン(3,000円以上の購入で利用できる)が1枚もらえます!!

服を入れる袋は何でもいいようです。1日最大2枚までクーポンがもらえるそうです。

H&Mは子ども服も可愛いですからね、いらない服が片付いて、さらに500円クーポンがもらえるなんて、かなりお得です。

ちなみに、クーポンはその日から使えるそうなので、要らない服を持って行き、クーポンをもらってから買い物するという流れが一番お得でしょう。

H&M 店舗一覧>>

 

 無印良品

「FUKU-FUKUプロジェクト」と題して行われている無印良品のリサイクル活動は、無印良品ブランドの衣料品(下着、くつ下を除く)、タオル、シーツ、カバー類を無料で引き取って、繊維製品の資源としてリユースしています。

店頭にて無料で引き取ってくれるので費用はかかりません。

洗濯ネームに「株式会社無印良品計画」と記載された商品に限り引き取ってくれます。

 

無印良品や、ユニクロは自社製品のみ引き取ってくれるので、メーカー毎の仕分けが面倒な場合は、まとめてH&Mに持ち込むのが手っ取り早いのかなと思います。

ただ、はるひ野近郊にないのが難点。

新百合ケ丘や多摩センターならば、ユニクロも無印良品もあるので、アクセス面から考えると、無印良品とユニクロ(ジーユー)の2社が利用し易いかなとも思います。

もっとも、赤すぐ古着deワクチンは、費用はかかるけれども、お店に持ち込んだり、メーカー毎の仕分けをしなくて済むという面で、一番手間はかからないといえるでしょう。社会貢献ができたという満足感もかなり高いです。

 

どの企業も、子ども服に限らず、大人の服も引き取ってくれますからね。

これから年末にかけての大掃除&断捨離シーズンに、利用してみてはいかがでしょうか。

 

関連記事

  1. 戦国時代っていつ?戦国大名って何?「直虎」を親子で楽しむための【…
  2. 子連れ飛行機のテクニック 家族旅行をもっと楽しく!飛行機内でのおススメ子ども・赤ちゃん対策…
  3. 子どもが風邪を引いた時どうしてますか?【アンケート結果公開中】
  4. カブトムシ 我が家のご長寿カブトムシ
  5. 男の子をもつ母の宿命?!
  6. 虫取り 黒川の貸し農園でカブトムシの幼虫採取!【大地レンタルファーム】
  7. 子どもが日本医科大学多摩永山病院に入院した時、兄弟のケアにおスス…
  8. 【戦国時代 基礎知識Q&A 後編】直虎の生きた時代背景…

新着記事

  1. 緑と道の美術展2017
  2. 坂本農園 田圃 稲コキ
  3. 汁守神社 お祭り
  4. 麻生区黒川 田んぼ
  5. いのうえのうえん お月見団子作り 親子イベント

おすすめ記事

  1. いざという時役に立つ!夜間・土日祝日の小児救急病院一覧【麻生区・稲城市・多摩市】 年末年始 小児救急対応病院
  2. 幼稚園が多過ぎて選べないママのために【本気の幼稚園選び2017】 本気の幼稚園選び

アーカイブ

PAGE TOP