はるひ野の公園の名前「丸山・柳町・宮添・海道」に込められた想いとは

はるひ野開発と地域の記録 くろかわ

 

はるひ野1丁目の「宮添みのり公園」
はるひ野2丁目の柳町いろどり公園
はるひ野3丁目の海道ひだまり公園
はるひ野4丁目の丸山こもれび公園

引っ越してきた当初から、はるひ野の公園名には最初に漢字が含まれることを不思議に思っていました。

大抵近所の公園というのは、子ども達が呼び易いようあまり漢字は使用されないイメージがあったので、どんな意味があるのだろうと気になっていたのです。

その答えを、オン・ザ・ヒル コーヒーのオーナー後藤さんに教えてもらうことができました。

それは・・・

「丸山」や「柳町」、「宮添」、「海道」というのは、はるひ野が開発される前の、その場所の地名だった

ということです。

さらに、よこみね緑地などの緑地名も、旧地名がそのまま残されているそうなのです。

お店で見せていただいた「はるひ野開発と地域の記録『くろかわ』」には、さらに詳しいことが書かれています。以下、要約すると

はるひ野開発は、およそ40年の歳月を経て行われたそうですが、それまでここは、「農村集落」だったそうです。

3方を丘陵で囲まれて「川崎のチベット」という呼称もあったほどの山間部でした。

その辺境ともいえるこの地を守ってきた祖先や、開発に携わってきた先人達の苦労や想いを考えると、新しい街に生まれ変わっても、その歴史や息吹はどこかに残したい。

そんな思いから、公園と緑地に旧地名が残されたそうなのです。

公園の名前を通じて、はるひ野の過去を知りました。

皆さんとシェアしたく、記事にさせていただきました。

はるひ野開発と地域の記録 くろかわ

参考文献:「はるひ野開発と地域の記録『くろかわ』」平成18年5月28日発行

関連記事

  1. はるひ野駅前アート

    はるひ野駅前にアート作品登場!はるひ野・黒川で野外美術展開催!!【黒川里山アートプロジェクト】

  2. はるひ野いろどり公園

    柳町いろどり公園【はるひ野2丁目】

  3. 緑と道の美術展2017

    緑と道の美術展in黒川2017 始まりました

  4. 黒川どんど焼き

    黒川のどんど焼き(せいの神)とお団子の秘密

  5. はるひ野キッズハグハグ

    はるひのキッズ はぐ・ハグ

  6. 一時保育特集

    麻生区はるひ野で利用できる一時保育 特集