戦国時代っていつ?戦国大名って何?「直虎」を親子で楽しむための【戦国時代Q&A 前編】

ママのための戦国時代 Q&A前編

前回の記事「大河ドラマ『直虎』を楽しみたいママ必見!戦国時代の基礎知識 序論」の続きです。

大河ドラマを親子で楽しむための、戦国時代の基礎知識を質問形式で、ざっくりとお答えします

Q.そもそも戦国時代っていつからいつまで?

(諸説ありますが)ざっくりいうと、室町時代の末期(応仁の乱)から、安土桃山時代、江戸幕府が開かれるまでのおよそ150年間をいいます。

Q.なんで戦いばっかりしてるの?

始まりは、室町幕府の足利将軍が暗殺されるという、前代未聞の事件が発端です。
国のトップが家臣によって殺され、幕府が後継者争いや権力争いで大混乱していました。(「応仁の乱」

幕府が機能停止し弱体化していく中、各地でも、権威を失った幕府の役人(守護大名)達が、その下の家臣達に追い落とされる「下克上」が起こったのです。

権威がなくとも、実力さえあえば大名へ、そしてその頂点へ君臨できる時代となり、世の中は大混乱となったのです。

現代に置き換えると、首相が暗殺されて、政府が大混乱している中、首相の任命で権力を振るっていたお役人達も次々と市民に追いやられてしまった。
その中で、強い市民が「今日から私が知事です!」なんて叫んで権限なんてないけどその土地のリーダーとなり、隣りの県を我が物とするために、あわよくば、天下を取るために、市民を連れて戦いまくっていたという時代です。(厳密には語弊ありますが、ざっくりと笑)

そんな、日本全土をまとめる政府が不在な状態の混乱期を戦国時代と呼んでいます。

Q.戦国大名って何?

室町時代は、もともとは幕府が任命した「守護大名」と呼ばれる役人達が各国を治めていました。
それが、下克上により、幕府の権威とは別に「自らの実力で」主君となり、領地を拡大し、領国の経営を行った実力者たちを「戦国大名」といいます。

同じ大名でも、室町幕府の任命があるのが「守護大名」
幕府の任命などなく(または幕府から独立して)実力勝負で成り上がった者が「戦国大名」です。

その「戦国大名」で有名なのが、

織田信長豊臣秀吉徳川家康伊達政宗上杉謙信今川義元武田信玄などです。(守護大名から戦国大名になった者もいます。)

戦国時代とは、天下統一を目指す戦国大名同士の戦いの時代といえるでしょう。

 

続く>>「戦国時代のQ&A 後編」

 

■関連記事

関連記事

  1. 貸し農園

    はるひ野で初めての家庭菜園 特集

  2. 黒川貸し農園

    貸し農園① 黒川散歩で貸し農園発見!

  3. 黒川の貸し農園

    貸し農園③はるひ野ママが黒川の貸し農園で畑始めました

  4. パティスリーマナ

    黒川の美味しいケーキ屋さん【パティスリーマナ】

  5. 男の子をもつ母の宿命?!

  6. 緑と道の美術展2017

    緑と道の美術展in黒川2017 始まりました